HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [338] | main | 志野ぐい呑 [340] >>
志野ぐい呑 [339]

 

 

 

口径6.5僉 高さ6.0  高台径4.0  重さ130g


みどころ
一見、強烈で個性の強い志野ぐい呑ですが、その見込み内には真珠光沢を纏った神秘的な艶肌を見ることが出来ます。その仕上がりや黒みがかった高台から金華山志野と見間違いますが、実は百草土100%なのだそうですのでよく焼かれたことがお分かりいただけるかと思います。見れば見るほど惚れ惚れとし、見れば見るほど見どころが増えてくる逸品です。

| 12:31 |