HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [321] | main | 金華山窯変志野ぐい呑 [325] >>
志野ぐい呑 [323]

 

 

 

 

 

口径6.0僉 高さ5.6  高台径3.5  重さ90g


みどころ
火色の発色がハッキリとした志野ぐいのみで、赤い火色と白い釉とのコントラストが見どころです。丸みを帯びた優しい印象の見込み底から、その側面にかけて広がる大きめの貫入がより立体感を生んでいます。口辺のべべらにも、粘り気の無いサクサクとした百草土特有の土味を感じることができます。良く焼けたことを物語る鉄足や、味わい深く見飽きることの無い高台にもご注目ください。


                        ―販売価格―  80.000円

 


お問合せ/お申込み

| 10:10 |