HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [320] | main | 志野ぐい呑 [322] >>
志野ぐい呑 [318]

 

 

 

 

 

 

口径6.0僉 高さ6.3  高台径3.5  重さ120g

 

みどころ
高台脇の鉄足が物語るようにたいへんよく焼けた志野ぐいのみです。白さが際立つ肌やピンク色に焼けた肌、貫入のある肌。白、ピンク、そしてアクセントのこげ茶色が織りなす肌など異なった肌合いが楽しんでいただけます。三日月形の掛け外しと丸いアクセントが重なり、お洒落な印象となった見込み内にもご注目ください。貫入、掛け外し、アクセントのコラボが素敵です。

                  

 

お問合せ/お申込み

| 13:54 |