HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [309] | main | 志野ぐい呑 [320] >>
志野ぐい呑 [317]

 

 

 

 

 

口径5.5僉々發5.4僉々眤羞3.7僉―鼎105g

 

みどころ
藤田先生のぐいのみの中では小ぶりで端正な志野ぐいのみです。刷毛目模様と線描きがぐるっと描かれてたいへんお洒落です。釉が厚く掛かった箇所だけが白く、大きめの貫入も入っているため片身代わりのようにも見えるところが特徴となっています。見込み内の鮮明な貫入も見どころの一つです。
※高台中央、兜巾部分に焼いた時に出来た空洞が見られますが漏れることはありません。

 

                         ―販売価格―  60.000円

 

■お問合せ/お申込み

| 13:21 |