HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 絵志野ぐい呑 [313] | main | 絵志野ぐい呑 [310] >>
志野ぐい呑 [296]










百草土の一番土(志野茶碗と同様)を使用しているため、よく焼けているにもかかわらず土本来の綺麗さが際立った箆目がシャープな高台。


(サイズ)  口径6.0  高さ6.2  重さ125g

みどころ
志野茶碗同様の百草土の一番土を使用しているため、たいへん発色の良い焼き上がりとなっています。洗練されたスマートな造形に縞模様が施され、お洒落が増しています。現代的な雰囲気の中にもレトロ感が漂っているのは、よく焼けた艶肌に渋い貫入が入っているからでしょうか。白い爽やかな釉肌に様々な大きさの貫入が入りまじった見込みや、百草土本来の綺麗な土味が楽しめる高台も見どころとなっています。

                          
■お問合せ/お申込み

| 12:38 |