HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [303] | main | 金華山志野ぐい呑 [294] >>
志野ぐい呑 [305]








自然な歪み具合と口辺のつくりが絶妙です。


個性的な高台。


(サイズ)  口径6.5僉 高さ6.0  重さ135g

みどころ
よく焼けているにもかかわらず釉に白っぽさが残る大人しい印象の志野ぐいのみなので、つくりの妙がより際立って見えます。特に、横削りの箆目がはっきりと残る本体や片口のように開いた独特なつくりの口辺が味わい深く、自然にできた小さな鉄玉あとがチャーミングな高台や大きめの貫入が入った見込みなども見どころとなっています。

                        
 ― 特別ご奉仕価格 ―  50.000 円  
 


お問合せ/お申込み
 

| 15:41 |