HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [306] | main | 志野ぐい呑 [305] >>
志野ぐい呑 [303]




個人的には、この向きが「絵になるなぁ」と思いました。




モコモコ感のある見込みに癒されます。


可愛い高台です。


(サイズ)  口径6.2僉 高さ5.8僉 重さ140g

みどころ
貫入の入った艶やかな肌をバックに躍動感のある面白いアクセントが次々と現れてくる楽しい志野ぐいのみです。大小不揃いの貫入や三つの丸くて小さなアクセントなど、その楽しさは見込み内にも続いています。藤田先生にしては珍しい掘りが浅くて優しい高台も、このぐいのみの可愛らしさを引き立てています。

                         
■お問合せ/お申込み

| 10:15 |