HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [278] | main | 志野ぐい呑 [288] >>
志野ぐい呑 [282]













(サイズ)  口径6.7  高さ5.7  重さ115g

みどころ
この焼けの肌で、この造形の志野ぐいのみは見掛けたことが無いのである意味 “珍品”と言えるのかもしれません。端正で小ぶりながらドッシリと落ち着いた造形に、たいへん良く焼けた濃密で重厚となった肌が似合っています。外側へやや開いたように見える口辺が印象的で、その口辺から見える器肌とはまた異なったイメージの見込み内のガラス質の肌も必見となっています。良く焼けていることが分かるキュッと引き締まった高台もお楽しみください。
※この志野ぐいのみには貫入が入っていません。

                                                                             
■お問合せ/お申込み

| 15:17 |