HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [271] | main | 志野ぐい呑 [289] >>
志野ぐい呑 [273]













(サイズ)  口径5.8  高さ5.4  重さ125g

みどころ
釉がとけきるほど焼かれ、肌全体が艶やかでシットリとした厚い肌になりました。この厚い肌の中には細かい貫入が何気に入っているので自然な感じがします。そのため箆目がきいているにもかかわらず端正でスマートな印象に見える志野ぐいのみで、吸い付くように手に優しく馴染みます。藤田先生のぐいのみの中では珍しい渦巻き模様が描かれ、躍動感のあるキュートな一面も見せてくれます。このふくよかで華やいだ雰囲気を醸し出した金華山志野のぐいのみは、高台や高台付近でも金華山特有の土味がお楽しみいただけます。

                          

■お問合せ/お申込み

| 14:38 |