HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [275] | main | 志野ぐい呑 [292] >>
志野ぐい呑 [291]














(サイズ)  口径5.7  高さ6.0  重さ120g

みどころ
小ぶりでスマートな造形の志野ぐいのみで、パールの輝きを纏った上品な肌に貫入と巣穴が織りなす不思議な模様を見ることができます。この盛り上がった肌に光が反射すると窯変のおこった不思議な肌を見ることができ、特に金色に輝く口辺は見ごたえがあります。見込み内の綺麗に入った貫入と、その側面に見られる大きめの掛け外しがこの志野ぐいのみの個性を更に強いものとしています。
※見どころの一つとなっています見込み内の掛け外しですが、気になる方はご遠慮ください。

                        

お問合せ/お申込み
 

| 13:12 |