HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [262] | main | 志野ぐい呑 [284] >>
志野ぐい呑 [249]








★このように傾けると、左右に面白い動きをして楽しませてくれます。





(サイズ)  口径6.5僉 高さ6.2僉 重さ135g

みどころ
端正の中にアンバランスが混在する不思議な雰囲気を有した志野ぐい呑で、最大の見どころは見飽きないという点かもしれません。胴全体を覆った刷毛目模様の上に、良く焼かれ半透明となった釉が重なり複雑な色合いを生んでいます。見込み内は器肌の雰囲気とはまた異なり、穏やかで温かい雰囲気となっています。控えめで上品ながら個性的な高台も必見です。

                       
お問合せ/お申込み

| 12:27 |