HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [256] | main | 志野ぐい呑 [262] >>
志野ぐい呑 [266]










(サイズ)  口径6.0僉 高さ6.3僉 重さ115g

みどころ
尻太で口辺に向かって細くなり、その口辺は一方に引っ張られたようなユニークなつくりとなっています。外側には轆轤目がハッキリと残り躍動的な造形に、焼きの良さが加わりたいへん個性的な志野ぐい呑となっています。見込み内も器肌同様、艶やかで白釉との関わり方が絶妙です。よく焼けたことを物語る高台脇の赤い鉄足と土の好バランスにもご注目ください。
※この志野ぐいのみには貫入が入っていません。


                         
お問合せ/お申込み

| 10:04 |