HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [217] | main | 志野ぐい呑 [221] >>
窯変志野ぐい呑 [219]


(サイズ)  口径7.3cm  高さ6.2cm  重さ150g

みどころ
窯変のおこった神秘的な肌が妖しく光る志野ぐいのみで、その存在自体が貴重です。ナチュラルな色合いの艶肌に大きさの揃った綺麗な貫入が入り より繊細で上品な印象を受けます。胴がキュッと締まり口辺が外側へ競り出た独特な造形に大らかさや優しさも感じられます。窯変をまとった極上の肌・横削りの巧な妙・フリルのようにゆるやかにうねった口辺・光を吸収し自在に変化する見込みなど、見飽きることの無い逸品となっています。

                    
お問合せ/お申込み
 

| 12:40 |