HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [228] | main | 無地志野ぐい呑 [229] >>
絵志野ぐい呑 [245]


(サイズ)  口径6.5cm  高さ5.5cm  重さ130g

みどころ
この志野のぐいのみが人目を引くのは、華やかで不思議に見える色合いと垣根をモチーフにした大胆な絵のせいでしょうか。器肌全体に入った特大の貫入が、その絵と合わさり より立体感が生まれました。目の錯覚で、胴が締まって見えるのも面白いところです。厚みがあり口触りの良い口辺、半透明の釉が溜まった高台脇やあきらかに偏ったユニークな高台など見どころの多いぐいのみで、大きめの貫入に覆われた桃色の見込み内は優しさが一層 増しているので、その酒映りも期待できます。

                      

お問合せ/お申込み

| 13:38 |