HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔174〕 | main | 金華山志野ぐい呑 〔185〕 >>
志野ぐい呑 〔172〕











(サイズ) 口径6.5cm 高さ5.8cm 重さ130g


みどころ
充分に練られた白い釉肌の下には茜色に焼けた肌がのぞいています。よく焼かれたためにマットな肌となった鉄色のアクセントが際立ち、茜色の貫入との相乗効果でより趣のあるぐいのみとなりました。そして、そのハッキリとした貫入は見込み内でも素敵な景色を見せてくれることでしょう。肉厚で変化にとんだ口辺。よく焼き締まっているにもかかわらず空気感のあるサクサクした土味の高台。何日間にも及ぶ窯焚きの成果がうかがえる逸品となっています。


                     
お問合せ/お申込み
 

| 15:36 |