HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔179〕 | main | 志野ぐい呑 〔172〕 >>
志野ぐい呑 〔174〕











(サイズ) 口径6.3cm 高さ5.8cm 重さ120g

みどころ

片身変わりにも見える志野ぐいのみで、見る角度によって様々な表情をみせて楽しませてくれます。3分の2にあたる白い釉で構成された肌は清潔感があり爽やかな印象を、オレンジ系の火色ある艶やかな肌は優しく温かな印象を与えてくれます。大小の貫入が綺麗に入った見込みには十文字が描かれており意外性も見せてくれます。充分によく焼けたことを物語る高台脇の赤い鉄足、左右不対象であるために趣の備わった高台、そしてサクサク感を残しながらも石化した土味の高台など、伏せて置いた姿も味わい深く絵になる ぐいのみとなっています。

 

                     
お問合せ/お申込み
 

| 14:46 |