HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔147〕 | main | 金華山志野ぐい呑 〔176〕 >>
志野ぐい呑 〔182〕













(サイズ) 口径6.0cm 高さ5.6cm 重さ110g

みどころ
充分過ぎるほど よく焼き締まって、手にピタッと吸い付くように馴染むぐいのみです。藤田先生のぐいのみサイズとしては小振りな方ですが、その存在感には圧倒されます。渋い肌の所々に見ることのできる、除かれた釉がカセて見える部分に古典的な風情が感じられます。ぐいのみ全体に入った大き目の貫入、口辺から下へと続く焼け色のグラディーション、パール色に妖しく輝く見込み、個性的でキュートな高台、とにかく見どころの多い逸品となっています。

                     

お問合せ/お申込み

 

 

 

| 15:47 |