HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔153〕 | main | 志野ぐい呑 〔155〕 >>
鼠志野ぐい呑 〔162〕







真っ白な釉が砂糖菓子のようにも見えて美味しそうです。


口径6.8cm 高さ6.0cm 重さ145g

みどころ 
冷酒が美味しく召し上がっていただける、この夏お勧めの ぐいのみです。
釉が薄く掛かり しなやかな肌合いのドッシリとした造形には、雪山を連想させてくれる白釉が眩しく輝いています。稜線を思わせる口辺にも その雄大ささを見ることが出来、自然を満喫できる逸品となっています。器肌・見込み共に薄い色の上品な貫入が入ったことにより複雑な色合いと立体感が生まれました。小さくても荒削りな印象の高台兜巾部分には土の中の空気が抜けたような穴が開いており、それも見どころの一つとなっています。持ちやすさ、飲みやすさに加えて遊び心も備わった ぐいのみなので充分に楽しんでいただけることと思います。



お問合せ/お申込み
 

 

| 10:33 |