HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔120〕 | main | 志野ぐい呑 〔108〕 >>
志野ぐい呑 〔121〕









サイズ ) 口径6.2cm 高さ6.2cm 重さ135g

みどころ
炎を連想させる神秘的な火色に、懐かしさが感じられる ぐいのみです。一点ものらしく個性的で存在感のあるこのぐいのみの最大の特徴は、情熱的でインパクトのある鉄釉で描かれたアクセントでしょう。器肌には このアクセントの他にも指跡や白釉溜り、貫入などが入り混じって味わい深い逸品となっています。尻太で胴がキュッと締まり口辺が外側へ開いた造形には堂々とした風格が備わり、高台や高台脇には あでやかな “ 華 ” が感じられます。
見込み全体には大きめの貫入が入り、その中に浮ぶ三日月の釉カセが また一段と酒映りの良さを連想させてくれることでしょう。



お問合せ/お申込み
 

| 09:29 |