HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 〔119〕 | main | 志野ぐい呑 〔121〕 >>
志野ぐい呑 〔120〕










(サイズ) 口径6.2cm 高さ6.2cm 重さ140g

みどころ
優しく温かな印象を与えてくれるのは、焼け色のコーラルピンクが白い釉から透けて見えているからでしょうか?
起伏の激しい肉厚な口辺を指で軽く突っつくだけでコトコトと可愛らしく揺れ動く様は、その尻太で どっしりと落ち着いた造形からは想像がつきません。また藤田先生の作品にしては たいへん珍しい沼挽き(ぬびき)のためか高台や高台脇、土見せの部分に今までに見たことの無い面白い表情を見ることができるのもこの ぐいのみの特徴です。器肌の所々に見られるカセた肌や見込み内の大きな貫入も併せてお楽しみいただける見どころの たいへん多い お買い得な逸品となっています。


                      
お問合せ/お申込み

 

| 11:15 |