HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 志野ぐい呑 [197] | main | 志野ぐい呑 [214] >>
志野ぐい呑 〔130〕






(サイズ)  口径6.8cm 高さ5.3cm 重さ140g


みどころ
ズッシリと感じるのはぐいのみの重さだけではありません。釉が厚くかかり味わい深いこのぐいのみの見どころは細かい貫入が入った渋い肌と口辺あたりの刷毛目模様のような重厚な肌のバランスが絶妙なところです。横に滑らかな箆目によって手に良く馴染み、肉厚で口当たりの良さがうかがえる口辺や細かい貫入が全体に張り巡らされ、酒うつりの良さが感じられる口辺なども必見です。轆轤挽きなのに何故か手びねりのような無骨な造形や、小さくて枯れたような土味の高台にも素朴で温かな雰囲気が感じられるお勧めの逸品となっています。

                      

お問合せ/お申込み

| 15:26 |