HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 無地志野ぐい呑 〔112〕 | main | 絵志野ぐい呑 〔125〕 >>
金華山志野ぐい呑 〔128〕









(サイズ) 口径5.6cm 高さ5.5cm 重さ105g

みどころ
激しい炎の中から生まれ出たという表現がピッタリの ぐいのみです。
「 これでもか! 」 と言うぐらいに充分に焼き締められているためか、目には見えない巨大なエネルギーを感じることができます。小さいながらも窯変のおこった存在感のある この ぐいのみを握りしめていると、まるで自分の身体の一部でもあるかのように錯覚をしてしまいます。それは、自分の体温や鼓動が ゆっくりと ぐいのみに伝わって、ぐいのみ自体が息づいているかのような不思議な感覚を覚えるからです。

                  

お問合せ/お申込み
 

| 13:20 |