HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 鼠志野ぐい呑 〔026〕 | main | 志野ぐい呑 〔033〕 >>
金華山志野ぐい呑 〔031〕









(サイズ) 口径6.6cm 高さ6.2cm 重さ155g

みどころ
鉄化粧の肌に かきついた白い釉溜まりが、見る人を圧倒することでしょう。強烈で重厚なイメージの中にも、少し角度を変えると見えてくる窯変がかった薄金色の上品な艶肌には細かい貫入が入っていて、例えようもない魅力を有しています。口辺は釉切れてゴツゴツとしたイメージがあるものの、実際に口をつけてみると想像していたよりも ずっと シットリとしており、見込みの釉の白さが際立って見えるのも このぐいのみの特徴と言えるでしょう。古典的にも現代的にも見える不思議な魅力を兼ね備えた逸品です。

                     
お問合せ/お申込み

| 13:20 |