HOME
茶碗
ぐい呑
短冊
その他の作品
個展情報
桃山志野現代に焼く
BLOG
お問合せ
+LOGIN
<< 絵志野ぐい呑 〔004〕  | main | 金華山志野ぐい呑 〔021〕 >>
志野ぐい呑 〔010〕







(サイズ) 口径6.3cm 高さ6.5cm 重さ140g

みどころ 
ぐいのみ としては珍しい百草土の一番土 ( 通常、一番土は茶碗に用います ) を使ったもので、ピンクがかった発色の良い炎色と白い釉薬の絶妙なバランスが目をひきます。また、尻太で胴がキュッと締まった造形は手によく馴染み、大胆で現代的なプチ模様が粋で お洒落な印象を与えています。柚子肌の向こうの優しい焼け色、見込みに入った大きな貫入、しっかりと焼けていながらもザックリとした一番土ならではの綺麗な土味の高台も お楽しみいただけます。

※志野らしい志野の代表的な焼けで、藤田先生のぐいのみの中でも数が少なく今となってはたいへん希少な逸品となっています。

                     
お問合せ/お申込み
 

| 12:46 |